小説家 羽田 圭介さん

[WARU45] WARU45 デュアルウイング-SI-YE サングラス イエロー ワル 45度 コスプレ 傾斜 跳ね上げ チョイ悪 フリップアップ メガネワル TV紹介 コワモテ 悪役メガネ 横幅40センチ 洗面化粧台 【RCP】を海外通販!

第153回芥川賞を受賞した純文学作家であり、テレビのバラエティ番組にも多数出演。個性的なキャラの羽田圭介さんは、高校生のときに作家デビューし、10年以上にわたって長くご活躍されている小説家です。そんな羽田さんに、高校・大学時代の思い出や、作家としての仕事や生活などについてお話を伺いました。

大学で学んだという経験が再学習する時の励みになる

【SALE価格で提供】[WARU45] WARU45 デュアルウイング-SI-YE サングラス イエロー ワル 45度 コスプレ 傾斜 跳ね上げ チョイ悪 フリップアップ メガネワル TV紹介 コワモテ 悪役メガネ 横幅40センチ 洗面化粧台 【RCP】

羽田 圭介さん(以下 羽田)

そもそも自分が中学生、高校生の頃だって、周りは誰も本なんか読んでませんでしたから(笑)。読書好きはむしろ少数派。僕が本格的に読書するようになったのは、電車通学をするようになっ た中学生の時からなんですが、それも通学時間が長いという消極的な理由で。だから、夏休みや冬休みなど、通学しない時期は読書量が減っていましたね。

最近は《活字離れ》が進んでいると言われますけど。

羽田

書店の本の売り上げに反比例するかのように、図書館の利用者は増えています。皆、タダで読めるものしか読まなくなった。その背景には可処分所得、つまり使えるお金が減ったという経済の問題があると思いますが、お金を出して本を買わなくなっただけで、本を読む人口は10年前と比べてもそれほど変わってないはずですよ。

高校生のときはどんな生徒でしたか?

羽田

作家をめざしたいとは考えていましたけど、毎日へらへらしていましたね。ただ文藝賞を受賞したときは周りが驚いていました。教室で小説を読むようなキャラじゃなかったので、そういうやつが作家デビューしたというニュースに他のクラスの人たちが大挙して押し寄せ、「えー、どういうこと!?」「おまえ、本なんか読めんのかよ!」と。書くどころか、本を読めるとも思われていなかった(笑)。

その後、明治大学の商学部に進学しますが、大学時代はどんな生活をしていたのですか?

羽田

大学も実家から通っていたので、1年のときは1限に間に合うように早い時間に家を出ていましたね。サークルはキックボクシングを半年やって、その後、付属からの友だちに誘われてアナウンス研究会というところに入り、サークルの仲間やサークルつながりの他大学の人たちとよく遊んでいました。大学の4年間は執行猶予のようなもの。長い人生のなかで、自由に夢を見る時間があってもいいんじゃないかと思いますね。大学1、2年の頃の夢を見ていた感触を思い出すと、いつだって楽しい気分に浸れるし、つらいときに救われたりすることもあるんですよ。

大学で学んだことが、作家となった今でも役立っていることは何ですか?

羽田

大学で学んだことは9割5分以上忘れていますけど、、小説家になって、経済について調べようと専門書を読んだりすると、「あ、これ、ちょっと知ってるぞ」と 、知識へのなじみが感じられる。まったくとっかかりがないところから勉強するよりも、いろいろな分野になじみがあることで、再学習をする気にさせてくれる。学んだことは忘れてしまっても、必要になったときに再学習に向かう気持ちが違いますよね。