シーズンナイキダウンジャケットNIKE/ナイキ アライアンスジャケットフード 626919-010 ナイキレディースパーカーが新登場 ジュニアマーキュリアルビクトリー4HG-B エア

シーズンナイキダウンジャケットNIKE/ナイキ アライアンスジャケットフード 626919-010 ナイキレディースパーカーが新登場 ジュニアマーキュリアルビクトリー4HG-B エアを激安GET!

破局後のりえちゃんはある種迷走していたと言っても過言ではないと思われます。

その代表的な例が、映画「蔵」の準主役降板騒動。

今の若い人達には何の事かさっぱり分からないでしょうが、当時随分と話題になりました。

宮尾登美子の原作を映画化したもので、主演は浅野ゆう子、りえちゃんは視力を失ってしまう女の子の役でした。













キャストも決まり、衣装合わせのためにりえちゃんサイドが出かけた先で、主演が浅野ゆう子である事、そしてりえちゃんは準主役の扱いである事を知り、降板を決意した、というのが大体の流れです。

この時のりえちゃんサイドの言い分は「お相手は浅野温子さんだと聞いていたから受けたのに、浅野ゆう子では嫌だ」「何で宮沢りえの名前が浅野ゆう子よりも下なの」という事でした。

おまけにりえママは「何よ、あの大根役者」と浅野ゆう子のことをこき下ろした、とまで言われています。

これに関して、この映画の製作記者会見の席上、浅野ゆう子は「名前の順番は五十音順だと聞いていましたけど・・・」と皮肉気味に語ってました。

結果、浅野ゆう子はこの映画で日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を獲得、見事面目躍如を果たしました。

おまけにこの年は阪神淡路大震災が起こった年でしたので、神戸出身の浅野ゆう子はこの映画を是非神戸で上映したいと奔走していた様に記憶しています。

神戸での舞台挨拶の時に、浅野ゆう子はスピーチしながら最後の方で涙ぐんでいました。

そんな真摯な姿も相まって、彼女が最優秀主演女優賞を獲得した時には、「あ〜

ナイキ NIKE AW プラッド クロス ジャケット,新しい到着ナイキ NIKE エクスプローラー ジャケット
ベビー靴 NIKE/ナイキ フリーステッパー3TD 525630,新しい到着ナイキ NIKE レディース WMNS エアマックス プラス 95 360 レザー メッシュ メンズ 511308-061 グレー ピンク
ナイキ NIKE レディース WMNS AIR MAX 1 VINTAGE エアマックス 1 ヴィンテージ スエード ナイロン メンズ アンスラサイト,新しい到着ナイキ NIKE スニーカー ダンク ハイ GS White/University Red レディース(女性用)
ナイキ NIKE AIR PENNY V エアペニー V レザー メッシュ メンズ 537331-070 ダークグレー,ナイキ NIKE レディース エアフォース 1 ガールズ レザー キッズ ジュニア 314192-121 ホワイト カーキ,NIKE ナイキ WMNS TERMINATOR LOW BASIC White/Black/Pink,NIKE ナイキ WMNS TERMINATOR LOW Neo Turq/White-Lime,ナイキ NIKE スニーカー ワッフル レーサー VNTG Pale Grey/White/Sail 限定 メンズ(男性用)

、良かったねぇ、結果が出せて」と思ったものでした。

確かにそれまでの浅野ゆう子の演技と言えば、いわゆる「トレンディー俳優」の域を超えてはおらず、正直なところ女優さんとしての評価は今ひとつだったと思います。

それがたとえ超売れっ子アイドルとはいえ、若手のりえちゃんサイドから「大根役者」呼ばわりされたのでは、腹の虫が治まらない、というものでしょうね。

おまけに浅野ゆう子は芸歴を考えても大ベテラン。

罵倒する相手を間違えたとしか考えられません。



ちなみにこの騒動が「ザ・ワイド」というワイドショーで取り上げられていた時、司会の草野さんがニコニコしながら「・・・と言うわけで、今後も大躍進が期待されるりえちゃんですが・・・」と話し始め、絶対に批判的な意見を述べませんでした。

こういう内容でも司会者やその他出演者はりえちゃんを褒めるというのが、当時の慣例でしたね。

これに対し、ゲスト席に座っていた和田勉(演出家)が怒りながら、

「だから、何を言っているんだ!名前の順序が違うって当たり前じゃないか!私だって二人を起用したならそうするよ!何でそれが分からないんだ!!」

と大声で話し始めたところで、突然のCM。

CM明けだったにも関わらず即またCMへ。

その間も司会席の草野さんはずっとニコニコを通していました。

テレビを始めとした当時のメディアにりえちゃんサイドからの圧力がかなりかかっていたのが分かる一幕でしたね。



もしこの映画にりえちゃんが出演していたら、きっとあの頃の状況は変わっていただろうと思われます。

間違ってもベテランの浅野ゆう子を怒らせる様な事はすべきではなかったでしょうね。

(おまけにあの記者会見の時は浅野ゆう子の方が一枚上手でしたからね)

さっき書いた記事の中で「この頃の失敗」と触れたのは、この事です。

名前の序列から来る突然の降板+ベテラン女優をこき下ろし=この頃の失敗

これじゃ、、さすがに業界内での評判が下がるのは仕方がないです。

よく再起できたなぁ、と思います。

だって、こういう世界って(あくまでもイメージですが)一度悪いイメージがつくと仕事させてもらえないような気がしますし・・・。

でも、今では舞台を中心に主役が張れる女優さんにまでなったのだから、人気凋落後のりえちゃんが必死で頑張ったのが伺えます。

舞台でやっていけるようになれば一人前、とこの世界では言われているそうで、そう考えるとりえちゃんは本当に実力をつけた女優さんになったのだろうと思います。

人っていくらでもやり直しが出来るのだなぁと、りえちゃんの今昔物語から学びました。

 



↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓
 
人気ブログランキングへ

ナイキ NIKE スニーカー バンダル ハイ サプリーム VNTG Hyper Fuchsia/Reflect Silver/Pure Platinum 限定 メンズ(男性用)